日常 · 03日 4月 2019
4月1日、新元号が「令和(れいわ)」と発表されました。意外にも日本は盛り上がっていますね。新元号にちなんだお菓子やグッズの販売など、また新元号と同じ漢字の名前の人も結構いるんですね。「和」という字は、和食、平和、和むなど、日本人にとっては親しみやすい文字ですね。文字どおりのいい時代になることを祈っています。また、私も昭和生まれですので、昭和、平成、令和と3つの時代を経ることになりました。時が過ぎるのは早いものですね。
健康 · 20日 2月 2019
インフルエンザがまだ流行していますね。...
日常 · 03日 1月 2019
 年が明けて今年は平成31年になりました。みなさんは年末年始をいかがお過ごしでしょうか。私は、お正月は実家でのんびりと過ごさせていただきました。実業団駅伝、箱根駅伝と例年以上の盛り上がりでしたね。今年は旭化成が3連覇とのことで嬉しい限りです。私も中学校の頃には中距離を走り、学校対抗の駅伝大会にも参加しておりましたので、昔のことを思い出しながら駅伝観戦をしました。また、年末年始と少し食べ過ぎたので、さっそくジョギンクをして体を動かしました。一年間しっかりと働けるように、運動をしてまずは体力をつけていきたいと思います。
17日 10月 2018
 10月になり当院でもインフルエンザの予防接種がはじまりました。インフルエンザは、急な発熱、寒気、咳、体の痛みなどの症状が特徴です。ほとんどの場合は1週間ほどで自然に治癒しますが、中には肺炎や脳症など重症化することがあります。インフルエンザを予防するには、手洗いやマスク、そして予防接種があります。いままで予防接種をしたけどインフルエンザにかかったという人もいると思います。では、どのくらい効果があるかが気になりますね。高齢者を対象にした研究では、発症予防効果が34~55%、6歳未満の小児では、60%程度と報告されています。完全に発症することを防ぐことはできなくても、重症化したり、死亡したりすることに一定の効果がありますので、高齢者や肺や心臓の病気など基礎疾患のある方には、特に接種が勧められています。インフルエンザは毎年12月末から3月頃まで流行しますので、12月中旬までに接種することをお勧めします。
日常 · 08日 9月 2018
おかげさまで開院1年を迎えました。ほんと1年経つのは早いですね。少しずつかかりつけの患者さんも増えてきているようで、お子さんもご年配の方も来られますし、ご家族で受診される方もいらっしゃいます。地域の皆様にも”にちなんファミリークリニック”のことを知っていただいているのかなと感じています。...
健康 · 19日 8月 2018
 今は、高血圧、糖尿病など生活習慣病が多い時代ですね。食べすき、運動不足、お酒の飲み過ぎ、たばこなど、日々の生活習慣が心臓病、脳卒中、がんなどの病気につながります。ただ、”わかっちゃいるけど、やめられない” のが人間ですよね。そんな中、休肝日をつくったとか、運動を始めたとか、習慣を変えることに取り組んでいる患者さんがいらっしゃいます。ほんと立派です。私も仕事上どうしても運動不足になってしまいますので、刺激を受けて毎朝歩くことにしました。8月に入り始めましたので、もうすぐ3週間です。そして、意外にも朝歩くって気持ちいいものだなと感じています。  習慣を変えるには、いくつかコツがいりますね。目標を決める、少しずつ変える、記録をする、失敗も受け入れる、など。私の場合は、とりあえず毎朝3000歩から始めています。あと、水分補給のために歩く前にコップ1杯のお茶を飲んでから歩きます。  パナソニックの創業者の松下幸之助さんは、”人間の運命を変えようと思ったら、まず日々の習慣から変えるべし” と言われたそうです。なんでも小さな習慣の積み重ねが大事ということですね。
日常 · 27日 7月 2018
日南学園の甲子園出場が決まりました。日南市内がさらに熱気でもりあがっています。ほんと頑張ってほしいです。訪問診療の時に、日南学園のグラウンドの横を通ることがあるのですが、選手のみなさんは練習中にも関わらず、車で通るといつも立ち止まってあいさつをしてくれます。礼儀正しく、真摯に野球に向き合っている姿が印象的です。毎日毎日、汗を流してやっとつかんだ甲子園への切符。夢の舞台で、思う存分野球を楽しんできてほしいと思います。
健康 · 21日 7月 2018
先日、家の庭に「ぶーん、ぶーん」と大きな音がしているなと思ったら、庭の木にミツバチの大群が花粉を求めて集まっていました。暑くなって、蜂の活動も活発になっていますので、皆さんも注意してください。  今回は、蜂に刺された時の症状と治療について説明します。蜂に刺された時の症状には、刺された局所の症状と全身の症状とに分かれます。...
08日 7月 2018
 連続テレビ小説「半分、青い。」に登場する主人公のスズメちゃん。子供時代には天真爛漫に育って、将来は漫画家を目指していくという物語ですね。このスズメちゃん、小学校3年生のときに、左耳が聴こえなくなるのですが、これがおたふくかぜに感染したことが原因なんです。物語のスズメちゃんは、左耳が聴こえなくなることで、落ち込み、学校や就職でも困難にあたりますが、いつでも明るく、前向きに生きていく姿に心うたれます。ところで、このおたふくかぜによる難聴は、1000~2000人に1人の割合で発症すると言われています。日南市では、おたふくかぜがまだ流行しており、心配ですね。今年から1歳児と小学校就学前のお子さんにワクチンの補助が始まりましたので、まだ受けていないお子さんは早めに接種しましょう。
健康 · 28日 6月 2018
梅雨で雨の日も多いですが、6月も終わるにつれ暑くなってきましたね。皆さん、これからの時期の熱中症に注意しましょう。梅雨の合い間や梅雨明けに急に晴れた日には、暑さに体も慣れていないので特に注意が必要です。...

さらに表示する